ふじこふの食事と日本酒

日本橋人形町に住むふじこふが美味しい日本酒(主に市販)を紹介するブログです。

【おいしい市販の日本酒】森嶋 ひたち錦 純米吟醸 搾りたて生原酒 (茨城県 森島酒造)~ふじこふおすすめ~

おいしい市販の日本酒 ふじこふおすすめ

 

はじめに

おしゃれなラベルのお酒だなと思ってパケ買いをしましたが、大正解でしたし、このラベルにも強い思いが込められていました。またまた茨城県のお酒をご紹介したいと思います。

森嶋 ひたち錦 純米吟醸 搾りたて生原酒

森嶋 ひたち錦 純米吟醸 搾りたて生原酒 (茨城県 森島酒造)

 

概要

商品名:森嶋 ひたち錦 純米吟醸 搾りたて生原酒

特定名称:純米吟醸

原材料:米、米麹

使用米:ひたち錦

精米歩合:55%

アルコール分:16度

日本酒度:+7.0

酸度:1.7

産地: 茨城県 森島酒造

 

簡単レビュー

茨城県で初めて作られた日本酒適合米、ひたち錦を使用しています。飲み口はとてもあっさりした、お米のみずみずしさが感じられるお酒です。ブランドの中で一番辛口なテイストということでしたが、私はそこまで辛さを感じず、むしろフレッシュな甘さが際立つお酒だなと感じました。

 

この日本酒に合う料理

これは、「食中酒」のど真ん中なお酒。適度な辛さや口当たりの良さ、さっぱりした後味で本当に包容力の高いお酒だと思います。お料理はこちらも家庭料理で行きましょう。メンチカツとキャベツにくっとレモンを絞ったものなんかはどうでしょう。ネギだれをかけた鶏むね肉もよさそうです。お野菜だったらキャロットラペのような酸味とオリーブオイルの風味があるものでもぐぐっとお互い引き立つのではと思います。

 

 

ふじこふチャートで分かりやすくおすすめ

ふじこふ日本酒チャート 森嶋 ひたち錦 純米吟醸 搾りたて生原酒 (茨城県 森島酒造)

ふじこふチャートでは、独自の感覚で日本酒をおすすめします。

 

縦軸では「辛い」、「甘い」

横軸では「どのタイミングで飲みたいか?」

最初の1杯

次の2杯目

あったまってきて飲む3杯目

最後に締めとして飲む4杯目

をプロットしています。

 

森嶋は「辛め」の「あったまった3杯目」に飲みたいお酒です。

とてもすらっと入ってきてくれるお酒なので、ちょっとお腹が満たされてきて重いものはあんまりもう飲みたくないかな、というときに活躍してくれそうなお酒です。お食事もなんでもOKなのでどんな時でも安定して3杯目に入ってきてくれるのではないでしょうか。

逆に一番最初に飲むにはちょっと物足りないかなと私は思ってしまう、寄り添い系のお酒です。

 

さいごに

パケ買いしたお酒なのでラベルの意味も調べてみました。真ん中のイラストは何かと思ったら、東日本大震災の時に崩れ落ちてきた実際の大谷石を描いているとのこと。これからも飲んで応援したいと思った日本酒でした。

 

【おいしい市販の日本酒】富久長 純米吟醸 八反錦 直汲み本生 (広島県 今田酒造本店)~ふじこふおすすめ~

おいしい市販の日本酒 ふじこふおすすめ

 

はじめに

雨のお休みの日、珍しく一升瓶を買って飲んでしまいました。飲み切れるか(飲み飽きてしまわないか)心配でしたが全く問題なし。休みの時間にじっくりと飲める良いお酒だったのでご紹介したいと思います。

 

富久長 純米吟醸 八反錦 直汲み本生

 

富久長 純米吟醸 八反錦 直汲み本生 (広島県 今田酒造本店)

 

概要

商品名:富久長 純米吟醸 八反錦 直汲み本生

特定名称:純米吟醸

原材料:米、米麹

使用米:山田錦、八反錦

精米歩合:50%

アルコール分:16度

日本酒度:0

酸度:-

産地:広島県 今田酒造本店

 

簡単レビュー

富久長と書いて「ふくちょう」と読みます。どちらかで「トレンド感」のあるお酒、と表現していましたが、華やかなフルーティーさ、淡い発泡感が確かに今っぽい。日本酒の豊かな旨み成分を感じます。女性の杜氏さんが作られているようで、なんとなくそのしなやかさがある気がします。

 

この日本酒に合う料理

甘みもあるけど、ほのかに酸味もあるから、飽きずに飲み続けられるのが良い!白身のお魚なんかが合うのではないでしょうか。お魚のムニエルでも合いそうです。あとは鍋物でアツアツとヒヤヒヤのマリアージュを楽しむのもよいと思います。お肉だったら豚しゃぶや豚のローストが合いそうなお酒です。

 

ふじこふチャートで分かりやすくおすすめ

 

ふじこふ日本酒チャート 富久長 純米吟醸 八反錦 直汲み本生 (広島県 今田酒造本店)

ふじこふチャートでは、独自の感覚で日本酒をおすすめします。

 

縦軸では「辛い」、「甘い」

横軸では「どのタイミングで飲みたいか?」

最初の1杯

次の2杯目

あったまってきて飲む3杯目

最後に締めとして飲む4杯目

をプロットしています。

 

富久長は「辛め」の「あったまった3杯目」に飲みたいお酒です。

こちらも最初からこのお酒で通してしまってもよい素晴らしいお酒ではありますが、あえての3杯目です。メインのお食事としっかり楽しみたいお酒なんですよね。身も心もあっためてくれるような、おいしいメインディッシュとおいしいお酒で豊かな気持ちになる前提でこの順番です。

 

さいごに

ご縁があって再度の日本橋三越前の蛇の市さんのテイクアウトお寿司です。お仕事をされているお寿司と日本酒が雨の一日を楽しくしてくれました。こういう雨の日に一升瓶を買ってのんびりと飲む休みの過ごし方もありなんだなと感じさせてくれた、stay home期間でした。

 

三越前 清寿軒のどら焼き

 

どら焼き評論家かというくらい、

どら焼きを食べている私のお勧めどら焼き。

 

日本橋和菓子屋 清寿軒のどら焼き

 

f:id:tmk_f:20200515163440j:image

 

日本橋地域はどら焼き激戦区で、

こちらの清寿軒、うさぎや、日月堂、茂ち月、

玉英堂、三原堂本店、とかなりレベルが高いどら焼きが揃っています。

 

その中で、群を抜いて小豆の美味しさを感じられるのが、こちらの清寿軒。

 

北海道十勝産の小豆がかなりごろっとした感じで

入っていて、餡の比率が多いのが特徴。

 

f:id:tmk_f:20200515194918j:image

 

あんこを食べたい欲求をしっかりと満たしてくれます。

 

清寿軒は最中も皮がぱりっとしててよいのですが、

どら焼きのあんこのインパクトが強くて、

やっぱりこちらを買ってしまいます。

 

しっかりとしたどら焼きです。

 

 

【おいしい市販の日本酒】刈穂 夏純米吟醸 六舟 Summer Mist (秋田県 秋田清酒)~ふじこふおすすめ~

おいしい市販の日本酒 ふじこふおすすめ

 

はじめに

暑くなってきました。そんな暑さに負けないよう、こんな涼し気なお酒を今回は選んでみました。ボトルからしてもう涼し気。夏酒ど真ん中です。

 

刈穂 夏純米吟醸 六舟 Summer Mist (秋田県 秋田清酒)

 

刈穂 夏純米吟醸 六舟 Summer Mist (秋田県 秋田清酒)

 

概要

商品名:刈穂 夏純米吟醸 六舟 Summer Mist

特定名称:純米吟醸酒

原材料:米、米麹

使用米:美山錦、ぎんさん

精米歩合:55%

アルコール分:16度

日本酒度:+4

酸度:1.7

産地:秋田県 秋田清酒

 

簡単レビュー

「夏の朝のような爽やかなおいしさ。」とラベルに書いてありましたが、確かに爽やか。

 槽掛けしぼりで若干の酒粕の風味が残っていて、ちょっと濁った感じがサマーミストとでもいいましょうか。おりが軽く絡んで、ほんの少しの発泡感が軽快な飲み口にしてくれています。

 

 

この日本酒に合う料理

写真では大根のぬか漬けと合わせているんですが、まさにこういった発酵食品がよく合うお酒です。夏酒らしく、夏の旬のものがいいかと思います。海のものだと肝焼きや鱧、地のものだとしゃきっとゆでたアスパラガスなんかもよいですね。水キムチも最高に合いそうなお酒です。

 

ふじこふチャートで分かりやすくおすすめ

ふじこふ日本酒チャート 刈穂 夏純米吟醸 六舟 Summer Mist (秋田県 秋田清酒)

ふじこふチャートでは、独自の感覚で日本酒をおすすめします。

 

縦軸では「辛い」、「甘い」

横軸では「どのタイミングで飲みたいか?」

最初の1杯

次の2杯目

あったまってきて飲む3杯目

最後に締めとして飲む4杯目

をプロットしています。

 

刈穂は「辛め」の「最初の1杯目」に飲みたいお酒です。

やっぱり一番最初に季節感を感じたい。その一言です。発砲感があるのでしゅわしゅわとビールのような、シャンパンのような、そんな気持ちで最初にくいっと飲むと涼しい気持ちにさせてくれると思います。長く沢山飲み続けるというよりは、お通しと一緒にくいっと1杯飲んで、次にささっと行くような粋な飲み方をしたいお酒です。

 

さいごに

夏はどうしてもビールになりますが、こういった爽やかなお酒があるのは良いなと思います。暑いからか最初にビールをついつい沢山飲んでしまってお腹いっぱい…ということになりかねない我が家としては積極的にこういったタイプのお酒を取り入れていきたいなと感じました。パッケージもきれいなのでプレゼントなんかにもおすすめだと思います!

 

 

【おいしい市販の日本酒】東魁盛 特別純米酒 自社田五百万石 (千葉県 小泉酒造)~ふじこふおすすめ~

おいしい市販の日本酒 ふじこふおすすめ

 

はじめに

家族が千葉県出身の為、千葉のお酒もやっぱり応援したくなります。今回もとても長い歴史をお持ちの千葉県小泉酒造さんのお酒をご紹介します。

 

東魁盛 特別純米酒 自社田五百万石 (千葉県 小泉酒造)

 f:id:tmk_f:20200513092028j:image

概要

商品名:東魁盛 特別純米酒 自社田五百万石

特定名称:特別純米酒

原材料:米、米麹

使用米:麹米:五百万石

精米歩合:55%

アルコール分:15度~16度

日本酒度:-

酸度:-

産地:千葉県 小泉酒造

 

簡単レビュー

東魅盛(とうかいざかり)と読みます。こちらは果物系のフレッシュさと甘み。酸味が少なめなので、角がないふわっと香る華やか系のお酒です。さらっともじっくりとも飲めそうな雰囲気。これはきりっと冷やして暑くなってから飲んでもいいかなと思います。

 

この日本酒に合う料理

きゅうりのサラダとかあんまり薬味きつくない、鰹節メインの冷奴とかが良さそうです。このお酒のフレッシュさを生かしたさっぱりとしたお食事が合います。レタスのサラダのような洋風のドレッシングでもあまり酸味がきつすぎなければOK。しいたけやマッシュルームなどのキノコ系も合いそうです。しめの素麵と合わせて最後までお酒を楽しむパターンにもマッチしそうです。

 

ふじこふチャートで分かりやすくおすすめ

ふじこふ日本酒チャート 東魁盛 特別純米酒 自社田五百万石 (千葉県 小泉酒造)

ふじこふチャートでは、独自の感覚で日本酒をおすすめします。

 

縦軸では「辛い」、「甘い」

横軸では「どのタイミングで飲みたいか?」

最初の1杯

次の2杯目

あったまってきて飲む3杯目

最後に締めとして飲む4杯目

をプロットしています。

 

東魅盛は「甘め」の「次の2杯目」に飲みたいお酒です。

フルーティーなんですがお米のふくよかさが、「コク」のようにも感じるので、1杯目でさらっと飲むよりも2杯目でしっかりアパタイザーと合わせたいような気持ちになりました。カルパッチョなんかも2杯目であわせてきてもいいかもしれません。今日は軽やかな気持ちで飲み進めたいなと思うときの2杯目にぴったりなお酒だと思いました。

 

さいごに

東魅盛の由来は「我、東の国の魁として盛んになる」という意気込みからきているそうです。まさに東の国の魅力がしっかりと織り込まれた日本酒。使用している五百万石も自社の田んぼで栽培しているそうです。千葉県にもおいしいお酒がまだまだあるぞと感じさせてくれた日本酒でした。

人形町 天ぷら中山のテイクアウト

 

いつもランチは大行列で中々行けなかった、

人形町 天ぷら中山さんのテイクアウト

 

f:id:tmk_f:20200512134308j:image840

 

限定20食だそうです。

12:45くらいで間に合った。

ありがたや…。

 

見た目は濃そうな天丼ですが、

甘さが控えめなのもあり、がつがつ食べ進みます。

またタレもべちゃべちゃにかけすぎず、

ちょうど一番下のご飯が染まってるかな、くらいなのが良い。

 

作り置きではなく、その場ですぐ作ってくれたので

待たずに出来立てをお家で食べれました。

 

三越前あたりなんかに天丼屋さんちょいちょいありますが、

私は中山さんの天丼が一番かなと思いました。

【おいしい市販の日本酒】武勇 特別純米 山田錦 小川酵母仕込み (茨城県 武勇酒造)~ふじこふおすすめ~

おいしい市販の日本酒 ふじこふおすすめ

 

はじめに

家族が茨城県に住んでたこともあって、茨城のお酒をついつい手に取ってしまいます。力強い「武勇」。江戸末期からある歴史長い酒造さんのお酒をいただいてみたいと思います。

 

武勇 特別純米 山田錦 小川酵母仕込み (茨城県 武勇酒造)

武勇 特別純米 山田錦 小川酵母仕込み

概要

商品名:武勇 特別純米 山田錦 小川酵母仕込み

特定名称:特別純米酒

原材料:米、米麹

使用米:麹米:山田錦

精米歩合:60%

アルコール分:15度

日本酒度:-1.5

酸度:1.5

産地:茨城県 武勇酒造

 

簡単レビュー

「明利小川酵母」という茨城県発祥の酵母を使っているお酒だそうです。ラベルの雰囲気から勝手に切れのあるちょっと鋭いお酒なのかと思っていましたが、すごい特徴がある、というよりは丸みのあるほわんとしたお味。バランスがいいのでふわふわずーっと飲み続けたくなるようなお酒でした。

 

この日本酒に合う料理

写真ではかつおと合わせちゃいましたが、何でも許容してくれるお酒です。程よい甘みと程よい酸味。シンプルに浅漬けとか煮浸しなんかがいいのかもしれません。今の時期だったらなすの煮びたしのような野菜ベースだけどちょっと油でしっかりした味付け、みたいなバランスのお食事を合わせたいと思います。

 

ふじこふチャートで分かりやすくおすすめ

ふじこふ日本酒チャート 武勇 特別純米 山田錦 小川酵母仕込み

 

ふじこふチャートでは、独自の感覚で日本酒をおすすめします。

 

縦軸では「辛い」、「甘い」

横軸では「どのタイミングで飲みたいか?」

最初の1杯

次の2杯目

あったまってきて飲む3杯目

最後に締めとして飲む4杯目

をプロットしています。

 

武勇は「甘め」の「あったまってきて飲む3杯目」に飲みたいお酒です。

イメージでいうとよいリリーフのような存在のお酒と私は思っています。もちろん一番最初からこちらのお酒でずーっと飲んでいただいてもOK。でも1杯目、2杯目でそれぞれ個性のあるお酒を飲んだ後にこちらも飲んでも負けることない、むしろ戻ってきたかのような安心感を感じさせるお酒です。力があるからこそ、3杯目でしっかりとつないでいってもらいたいお酒です。

 

さいごに

酒造さんのホームページを拝見すると、「武勇わくわくタイム」という親子体験イベントを実施されているようでした。(現在の状況は酒造様に直接お問い合わせください。)体験されたお子さんが20歳になったときに、子どものころに参加して作ったお酒をプレゼントしてくれるという、参加する親からしてもわくわくしてしまうイベントですてきだなと思いました。日本酒を通じて地域の事やお酒の作り方、沢山の事が学べる機会があったら是非積極的に参加したいです。

 

Copyright ©fujikoeatlove All rights reserved.

プライバシーポリシー